祖父と私と絵画のはなし

画家であり、祖父である佐藤徹のブログ。アートのこと中心です。

ご無沙汰しております。

更新がだいぶ滞り、大変ご無沙汰しております。祖父が亡くなった後、いろいろあり、祖父の関係の方からご心配もいただきましたが、何とか孫の私は生きております。ずっと人間的活動に明け暮れてて、展覧会にもそう頻繁に足を運ぶことができず、来年はもう少…

春の便り

ご無沙汰していました、もう2月も終わろうとしている中で、2015年初めてのアップです。。実はもう少し暖かくなったら、展覧会へ来てくださった方を中心に、佐藤徹の絵のお便りをアトリエから絵を探して、お届けしようと思います。まあ、多分4月以降になると…

ウィレム・デ・クーニング展

先日、八重洲のブリジストン美術館の展覧会を観てきました。抽象的で何が描かれてるのかよく分からない、でもなんか魅かれます。現代アートなのかなと最初は思ってましたが、第二次世界大戦後に抽象表現主義を先導した一人として、1904-1997まで御存命だった…

来年の予定

来年は絵の撮影と処分の年にしようと思います。今年は祖父の念願だった地中海展も出来たし、絵にまつわる祖父の遺言はあとはよくない絵の処分くらいで、祖父の思い残したことの90%は達成出来たんじゃないでしょうか。機会があればどこかで販売を伴わない形で…

百貨店で展覧会をするということ

ちょっと前になりますが、約1ヶ月前に冷やかしと肝試しと化粧品の買い物を兼ねて、新宿伊勢丹へ行ってきました。服からチョコレート一粒から、あらゆる物が大人の値段でした。エスカレーターを降りていたら、デパート内にギャラリーがあることを知って見に行…

袋井市への絵の寄贈先

佐藤徹が亡くなる直前、病院のベッドの上でお世話になった袋井市へ絵の寄贈をして欲しいと遺したので、書繪堂(ショカイドウ)さん経由で絵の設置をしたのですが、寄贈先がやっと私のところにまで分かりました。市役所の倉庫で埃でも被ることになったら、すみ…

第25回等迦会支部展

湖西市での展覧会もつつがなく終わり、一堂ほっとしています。昨日は祖父へ展覧会が無事終わったことの報告に、お墓参りへ行ってきました。祖父が絵の題材にしたスターチスを一輪添えました。足を運んで下さった皆様、お花や差し入れをくださった方、祖父の…

地中海展の様々なご意見

湖西市のムーンシスターズさんでの展覧会も残すところあと3日となりました。佐藤徹が亡くなってから初めての展覧会で、果たして人は来てくれるのかと冷や冷やしていましたが、蓋を開けてみれば、なんと初日のまだ絵の価格も決まってない内(絵の価格を付ける…

展覧会の搬入を終えて

昨日やっと搬入が終わりました。私は離れて絵を見て無我夢中でこの絵はこっちがいい、あっちがいい、これとこれはぶつかる等、天皇陛下のように言ってるだけでした。 だけども、前々日に急遽、佐藤徹略歴を作り、翌日東京が地震で新幹線や電車のダイヤが乱れ…

個展の5日前の夜より

この前の記事の続きですが、8/14付けの中日新聞の袋井市の地域版に袋井市の原田市長へ祖父の絵を贈呈した親族である私達が記事と写真で掲載されました。載るとしたら市長と佐藤徹の顔写真や絵画が載るくらいだろうと思っていただけに、こっぱずかしい限りで…

大きい絵画の寄贈

先日、祖父である佐藤徹の遺言の一つであった袋井市への絵画の寄贈を無事果たしました。 大きい100号くらいの絵をどこかの老人ホームなどの公共施設へ飾ってもらいたいと、亡くなる2、3日前に言っていたのがその理由です。そこで、祖父の出身高校である掛川…

展覧会の告知。

最近、知人が病気で入院してしまいました。普段から仲良くしている友人なので良くなってほしいと思い、時々お見舞いに行っています。 病院に行くといつも、祖父が入院してた時の「東大出の看護婦っていうのはお前かー?」と、点滴を替えるか何かしていた看護…

座敷わらし

詳細は不明ですが、一度人手に渡った絵が戻ってきました。 浜松市泉町にある解体業者さんから、なんでも廃ビルか何かに絵が置いてあって、裏に住所が書いてあり佐藤徹の色彩ホームページをご覧になってくださって、ここなんじゃないかと言うことでご連絡を頂…

プレゼント

GW前半静岡に戻っていました。祖父のアトリエで孫の私宛の日記のようなものを見つけました。中を読むと私の子どもの頃の嬉しかったことや困ったこと、私が書いた手紙が貼り付けてあったりして、私としては子どもの頃の話なので、今さら照れくさいことばかり…

地中海の絵

昨日は静岡へ帰ってました。祖父の遺言で、とあるところへ絵画を寄贈するためです。等迦会以外の展覧会には、そう出さないような大きい絵を寄贈するということで、大きい絵の写真を撮り、サイズを測り、タイトルを確認する作業はなかなか骨の折れる作業で、…

サイト更新しました。

佐藤徹の色彩のホームページのほう、少しですが更新しました。 少しに見えますが、色々照らし合わせてから載せてるのでなかなか時間かかります。 無題と書いてあるのは、祖父がタイトルを付ける前に他界した絵だからです。 あとサインを入れてない絵もあって…

竹内栖鳳の班猫みたいな

雑誌のPENやBURUTUS等のグラフィックデザイン、アート特集が好きで出ていれば買っているのですが、ここ最近見逃してるだけなのかも分かりませんが、全然見なくなり寂しい限りです。Webデザインの特集で中村勇悟さんとか載ってて、当時はWebなんて知らなかっ…

展覧会搬入の日

今日は私が所属している絵画教室の展覧会の搬入で、練馬区立美術館にいました。私は額縁の裏の紐の結び方もネットを見ながらでもよく分からず、先生にあっさりやってもらい、さらにワイヤーを天井から垂らすのも男性の方々にやってもらい、あれよあれよと言…

アートのモノクロとプロデュース

若い頃、まだ大学にいた頃は先生には偶然デザインに来たと言われたものの、私なりにはデザインやアートに使命感のようなものを持って課題に挑み、小論文のようなものをマジメに書き、また学生同士で展覧会をやってみたりしました。なんていうか仮面優等生で…

絵を描いて生きてくことなんてできない。

タブレットの時代になって1番割を食ってるのは絵画や彫刻、日本画などのアート作品ではないでしょうか。だから現代美術というジャンルができ、複雑化してるのかな? あと、日本ではまだそれほど顕在化していないですが、アメリカなんかでは新聞社がネットに…

等迦会の展覧会にて

今日は親戚も交え、佐藤徹が属していた国立新美術館でやっている等迦会の展覧会に行って来ました。全体的に色んなジャンルの絵が飾ってあり、息苦しくない印象でした。あと大きい絵ばかりで出すほうは大変だなあといった感じです。 祖父は生前この絵を東京で…

銀座の画廊へ

今日は絵画教室の先生である横島庄司先生の絵を観に、銀座のギャラリー惣まで行ってきました。展覧会のハガキとiPadで道を調べながら行って、そう迷わずたどり着きました。少しご年配の方や若い方も観賞にいらっしゃってて、あまり銀座の画廊で緊張するとい…

やっぱりモネが好き。

今日は国立西洋美術館のモネ展に行ってきました。 正直に言ってまたモネ〜?という気はしたのですが、木曜の平日にも関わらず結構人がたくさんで鑑賞するのに苦労しました。 やっぱり改めて観てもモネは素敵です。他にもボナールやゴッホ、セザンヌなど印象…

2/4の絵画教室

今日は、横島庄司先生の絵画教室の日で、ヨイコラショと行って来ました。前にも書いたように荷物が多いので、色んな物や人にぶつかりながらの歩きです。朝、小雨も降ってたし。早くカートを買おう…。 今日はサムホール4枚を何としても仕上げて、3月の林檎の…

商売としての絵画

佐藤徹はあまり商才がないというか、少なくとも商売に興味がある画家とは言えませんでした。むしろ売れる絵を描くなと自らに戒めて、絵を描いていました。 でも、それなら売れる傾向の絵を描いたらイラスト、売れない傾向の絵を描いたらアートになるんでしょ…

練馬区立美術館での展覧会

私がいま現在所属している林檎の会という絵の教室で第四回絵画展が、正式に決まったのでこの場を借りてお知らせしようと思います。 会期:2014年3/4(火)〜3/9(日) 時間:10:00〜18:00(初日は14:00〜、最終日は15:00まで) 場所:練馬区立美術館2F区民ギャラリー(…

表現者として

佐藤徹アトリエと看板を出して、幼稚園から小学生くらいの子ども向けの絵画教室に日曜の朝、毎週だったかな?無理やり行かされた(といってもアトリエまで数歩)思い出があります。今思えばあのとき素直に受けていれば東京藝大にでも行けたかも知れません…?ち…

パソコンの接続と東京での展覧会の告知

今日の夜に注文しておいたパソコンが届きました。開けてみたら、年々パソコンの部品というのは小さく高機能になってるはずなのに、以前使っていたパソコンよりもなぜか大きいのがなんだか不安です。しかもWindows8もしくは8.1というやつなのでモニターを押せ…

今年最初の絵画教室

遅まきながら、新年あけましておめでとうございます。 今日は年が明けてから初めての絵画教室で、かさばる荷物を寒い中、担いで行ってきました。私は昔、祖父に買い与えられた木製の絵の具箱と、月光荘で購入した幌布製のキャンバス用かばんと、その他油壺や…

精神統一と展覧会のお知らせ

今度、3月に展覧会に出す私のほうの絵が遅々として進みません。油彩画はなかなか乾かないし…。 私は絵を描くにあたって、精神統一するようにして、仙人モードでないと描けないタイプなのですが最近は色んなことで忙しくて、恥ずかしながら肉食動物モードにな…

絵が上手くなりたい気持ちは分かるけど

佐藤徹は50歳で画家デビューして間もなく、絵画教室を開いていたことがあります。子ども相手にもやっていたし、浜松の某カルチャースクールや老人ホームでご年配の方向けにやっていたこともあります。そのうち二つは私も受講していました。特にカルチャース…

オシャレな嘘

今日は絵画教室へ一日行って来ました。 来年3月この会で展覧会があって、思えば微妙なときに絵画教室の会へ入ってしまったものですが、10号1枚、SM4枚を油絵で、家に帰っても描かなきゃと頑張ってます。油絵は乾きが遅いから大変です。 うちの祖父はざざっと…

絵画にまつわる夢の話

先日、銀座とは別の絵画教室に今度は生徒として、油絵の道具やキャンバスを持って行ってきました。 私はまだ書きかけになっている以前こちらでも画像をアップした、10号サイズの檸檬とプールサイドの少女の絵と、またSMサイズの静物画2枚を持って行きました…

サイトの更新とか、展覧会とか。

前々から不調だったのですが、とうとうウチのパソコンが寿命を迎えたようで、電源を入れても起動を繰り返すばかりで通常画面にならず、ブルースクリーンをチラ見せしてから完全に沈黙します。思えば5、6年前に購入したWindows Vistaで、カスタマイズパソコン…

アトリエ@11/28

一昨日、アトリエの整理と、画歴の整理・改良と、佐藤徹が今まで作ってきた絵にのせる詩のようなものが入ったファイルを探したりしてました。祖父が若い頃の写真や、クレヨンで描いたような古い絵や、瑛九賞、文部大臣奨励賞、パリ賞などといった数々の賞状…

花の絵

東京に来てからあまりスペースがないのですが、油彩画を描こうかと思っています。アクリル絵の具で描くとか、キャンバスにジェッソを塗ってとか色々やってみたいけど、美術科出じゃないのでよく分からないし、どうなることやら…。それで、 花の絵をきれいに…

佐藤徹の色彩サイト

リニューアルしました。携帯やタブレットでも見れる筈です、多分。。。まだ一部が工事中ですが、よろしければ見てやってください。英訳も付けてみました(英語にするとかっこ良くて。。。)祖父はサイトを見て、自分がこの絵あんまりよくないなというのを見て…

絵画教室@井荻

ある朝たまたまですがジョギングをしていました。それでたまにはコースを変えてみたら、途中で美術用品店を見つけ、絵画教室の生徒募集のチラシを見つけました。 私は銀座にも絵を習いに行ってるのですが、場所的に遠いし、電車が混むので、大きな画材用品を…

渋谷ロフト6Fにて

今日は日本文化研究で知られる松岡正剛さん ×建築家の内藤 廣さんのトークセッションに行って来ました。初めて東京に来てちゃんと著名人を見ました。内藤さんが聞き役、正剛さんが話し役という割り振りのようでしたが、正剛さんは聞き役もお上手で、ときどき…

展覧会ではないですが。

以前、渋谷でもらったDMで、10/30に松岡正剛さんと建築家の内藤廣さんのトークイベントがあり、絶対行かなきゃ!と思ってます。二時間前くらいで席取れるかなあ。 私は地方の美大で故・髙田修地先生から松岡正剛さんを教えてもらって、「知の編集工学」から…

後進国ニッポン。

日本は何かと他の諸外国に比べて遅れていると、まるでタクシーの運転手の愚痴のように、いろいろなところから聞きます。例えばこの前書いたとおり、レスポンシブWebデザインもWebのプロフェッショナルに聞くところによると、アメリカに比べれば2、3年遅れて…

あじさいの花の絵

今日はずっと欲しかった玄関に飾る一輪挿しの花瓶と、白っぽいピンクと薄いグリーンのバラ2本を購入して、ほくほくしてます。祖父は、私が小さい頃ジャムの瓶みたいなものに花を活けて絵を描くというワイルドなことをしていて(晩年もそうでした)、私は幼心に…

祖父のナゾ

この前の土曜日にやっとレスポンシブWebデザインの授業が終わったのですが、私にはよく分からないまま終わりました。東京デザインプレックスという渋谷の学校なんですが、Webの一般コースのクラスを受講した方のみに募集が行われ、レスポンシブWebデザインが…

展覧会に行ってきました。

今日はやっとこさアメリカンポップアート展と、同じく国立新美術館で開催されている“印象派を超えて点描の画家たち”を観てきました。国立新美術館のシンボルマークのデザインは佐藤可士和さんがやっておられるのですね。初めて行って、初めて知りました。 ア…

佐藤徹の絵、ニースの絵画。

袋井にある実家の松の木が茶色くなって枯れてしまいました。祖父の父が、つまり私のひいお祖父さんが植えた松で、祖父の他界と時期を同じくして、病気になってしまったようです。よく成長していた松でした。母に聞いたら、もう切ってしまったようです。私が…

Webの制作と絵画教室

前に言ったように、毎週土曜で期間限定の(もうあと2回残すのみです)レスポンシブWebデザイン(携帯、タブレット、パソコンで見るとき画面サイズが適度に変わる)の教室に通っています。ふと教室内を見渡すとなんか、もともとパソコンやプログラミングに強そ…

二次絵

私の立場からして祖父の話だけするべきなのでしょうが、ネタが尽きてくるなどがあり、仕方ないので私自身が描いたイラストをこのブログに掲載してみると、なぜかいわゆる二次絵(漫画やアニメ)にご興味のある方々が立ち寄ってくださるような気がします。 中…

webの話9/28

今日はWebの授業で渋谷まで行きました。 レスポンシブwebデザインといって、携帯、タブレット、パソコンのどのデバイスでも画面サイズが変わることで、文字の大小や、画面のドラッグ操作なしで支障なく、閲覧できるというwebデザインです。海外では早速無料…

行きたい展覧会/2013秋

自分的に行きたい展覧会があって、行こう行こうと思ってるのですが、なかなか行く隙がないのでここでまとめちゃいます。 まだギリギリ間に合う、個人がアート作品を購入するということはどんなことなのか? 「アートがあればⅡ 9人のコレクターによるコレクシ…

パソコンの買い替え

私はパソコンのソフトに昔購入したアカデミック版(学生・教職員用)のAdobe CS5を持ってます。CS5はグラフィックをやってる人の必須ソフトであるIllustrator、Photoshop、Dream Weaverを始めとした色んなソフトが入っており、このソフトが単体でも確か8万くら…